2017年05月06日

神社でのサイン

ご訪問ありがとうございます。siesta bloomです。
なにげない日々のあれこれを綴ってます。
生活に役立つ薬膳レシピやアロマレシピ、あまり役立たないつぶやきなど。。
小さなhappyを日々感じて生きていきたいセラピストのブログです。

20170501_152255.jpg

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?
今年は福岡は良いお天気が多くて、絶好の行楽日和だったことでしょう。

連休中は特にお出かけはしませんでしたが、仕事帰りに「中山大藤祭り」に立ち寄ってみました。
柳川市三橋町にある熊野神社。入り口に樹齢300年の藤の木があります。
境内の1200平方メートルもある藤棚の下を歩くと、やさしい藤の香りに包まれます。
長い花は130センチ以上もあって、それが風にゆらゆらと揺れて、肩や背中をなでてくれたり、歩くだけで癒されます
たくさんの観光客が、お弁当を食べたり、写真を撮ったり、とてもにぎわっていました。
公式ウェブサイトでは、毎日の開花の情報をアップされています。
http://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/kanko/meisho/meguru/20140401huzi.html
もう見頃を過ぎて、今は花がだいぶ落ちているそうです。
でも例年より遅かったので、まだ見れるようですよ。


20170501_151845.jpg


この熊野神社さんには可愛い狛犬さんがいます。
あまりにも可愛いので、写真を撮らせていただきました。


20170501_151944.jpg


とても古い狛犬さんのようです。
久留米の水天宮にもこんな感じの小さな可愛い狛犬さんがいます。
水天宮の狛犬さんは痛いところをなでると良くなるとかなんとか。。。
ここの狛犬さんは楼門の中に鎮座していて、触ることは出来ませんでした。。
ちょっとユーモラスで、思わず笑顔になっちゃいます。

参拝するときに、拝殿のあたりもたくさんの観光客でごった返していたので、お賽銭入れれるかなーと思っていたのですが、いざ前に進むとそれまでの団体さんがさぁぁ〜〜〜っといなくなって、気が付けば私ひとりになっていました。
・・・なんだ?なんだ?
とびっくりしながらも、ゆっくりと参拝することが出来、ラッキーでした。

もともと神社が苦手で、滅多にお参りなどしないのですが、このところよく参拝する機会に恵まれます。
筑後の竈門神社さんでもそうですが、参拝するときにはけっこうな頻度で不思議なことが起こります。
以前は高熱を出したり、具合が悪くなっていたので、『私は神様に嫌われているんだなぁ。。』と思ってなるべく神社には近づかないようにしていたのです。
なんとなく、神様に怒られてる気がして、怖かったんですね

でもよくよく調べてみると、そういった事象にも意味があって、実は神様に歓迎されていたらしいのです。
たとえば、少し前に竈門神社さんに行ったとき、参拝した直後に霧雨が降り出したことがありました。
社殿から風が吹いてきたり、まわりは雨が降ってるのにその場所だけが陽が射していたり。
今回も人がたくさんいたのに、さぁっといなくなって一人になったりする、というのは、神様が歓迎してくれているサインらしいのです。
高熱はどうかと思いますが、とりあえずここ最近は神様と仲良しです(笑)

以前よりは神社に行ってみようかという気持ちになるようになりましたが、それでもまだどこにでも行ける感じではありません。
神社さんがある土地というのは、エネルギーが集まるところが多く、私のように土地の波動に敏感だと、その影響をもろに受けてしまうので、けっこうきついんです。
いつか、パワースポットと言われる宮崎の高千穂にも行ってみたい気はしますが、いつになることやら。。

神社参拝するにも、マナーというかルールというか、一連の決まり事のようなものがあるようで、まずはそこから勉強しなければなりませんね。

有り難い導きがあれば、足を運びたいと思います。

明日はゴールデンウイーク最終日。
皆様、楽しい一日をお過ごしください


最後までおつきあいくださりありがとうございます。




お申し込み・お問い合わせ
サロンHPのお問合せフォームからお願い致します。
サロンHPhttp://siestabloom.jimdo.com/
お問合せフォームhttp://siestabloom.jimdo.com/お問い合わせ/






お問合せ・ご予約はサロンHPのお問合せフォームをご利用ください。 *:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・サロンHP siesta bloom *:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・*:.。..。.:+・゚・